スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

皮脂汚れを家庭用の洗剤で撃退

 

ようやく、厳しい寒さが終わりを告げぽかぽか春が訪れようとしています。暖かくなることはとても嬉しいことですが、その分汗をかいてしまうのが悩ましいですよね。
特に男性は、汗や皮脂がYシャツの襟や袖に付着して放置しているとものすごい色になってしまいます。この前、自分のクローゼットを見返したら本来の色とはかけ離れた色の染みがついていて、本当に唖然としてしまいました。


何とか汚れを落とそうと、洗剤を色々かってみたのですが基本的にブラシでごしごし。確かに汚れは落とせるのですが、同時に衣服にきずがつき、綻びが出てしまいすぐにゴミ箱いきとなったシャツがいくつかあります。

ところで、私の職場は1/3程度がお母さん社員なのですが、その方々に旦那さんの汚れ落としはどうしているのか聞いてみました。皆さん、色々と工夫をしているようで独自の洗剤を作っている方、諦めてクリーニングに出す方様々いらっしゃいました。


そうそう、港区に住んでいるなら宅配クリーニングがすごく便利みたいで、このサイトを紹介してくれました。


港区で安くておすすめの宅配クリーニング

 

あと、一番驚いたのは、食器用洗剤を使用する方がいらっしゃったことです。旦那さんのことが嫌いでそんな嫌なことをしているのかな?と皆で笑ったものですが、実は食器用洗剤は意外と皮脂汚れには抜群の効果を発揮するようです。

食器用洗剤は、食器に付着した油汚れをかすめ取る力に優れています。食器は見た目とは裏腹に非常に凹凸のある素材ですから洗剤がその凹凸に入り込み油を分解するのです。実は、衣服も同じように皮脂汚れが衣服の繊維に染み出すことで落ちにくい汚れとなっています。食器用洗剤の意外な使い道に私はとても驚きました。ちなみに使い方ですが、温水にシャツを浸して15分放置。さらに食器用洗剤を直接垂らして軽くもみ洗い。さらに15分放置です。これだけで、結構汚れは取れるのです。これまで、ブラシでごしごしと。汚れは取れるが、その分、衣服が痛んで悩みの種だった汚れ落としもだいぶ簡単に取れるようになりました。汚れ落としのために何かを買うのではなく自宅にあるもので効果的なのが嬉しいですよね。気になる方は個別に洗剤を用意してもいいですし、好きな香りや逆に無臭タイプを用意するのもいいですよね。

注意してほしいのは、洗剤をつけた後にそのまま洗濯機に放り込まないでくださいね。洗剤によっては、泡立ちがすごくよいタイプのものがありますので、洗濯機から泡があふれ出てくるなんてこともありますので。日々おきることだけに、楽しておきたいシャツのシミ落としの方法。とってもおすすめですね。

 

 

スポンサーサイト

コメント